SpeLIA

はじめての方にも使いやすい、SpeLIA専用プレパック試薬

概要

SpeLIA専用試薬カートリッジは、検体ウェル、反応試薬、反応セル、分注チップ、ピアッシングチップが一体になっている専用試薬です。

QRコードには項目名、検量線、測定のためのパラメーター、使用期限などの情報が書き込まれています。本試薬は研究用試薬です。

SpeLIA 製品紹介動画

特長

POINT1
測定に必要な試薬、消耗品は全てカートリッジ内に封入されており試薬調製は一切不要。
POINT2
SpeLIA専用プレパック試薬としてイヌCRP、SAA、FDP、Dダイマーをラインナップ。
POINT3
ディスポーザブルタイプの専用試薬カートリッジでキャリーオーバーなし
POINT4
検量線情報は各試薬のカートリッジにQRコードとして付与されており都度の調整は不要

仕様

測定項目 CRP
製品名 スペリアイヌCRP
使用目的 イヌ血清またはイヌ血漿中のCRP(C反応タンパク質)の測定
測定原理 ラテックス凝集免疫比濁法
分類 研究用試薬
検体種 血清、血漿
測定レンジ 0.5~20mg/dl
正確性 既知濃度±15%以下
同時再現性 n=8、CV15%以下
相関 n=59
y=1.0372x+0.5606
r=0.9614
※x: M社、y: SpeLIA
測定項目 SAA
製品名 スペリアSAA
使用目的 血清または血漿中のSAA(血清アミロイドA蛋白)の測定
測定原理 ラテックス凝集免疫比濁法
分類 研究用試薬
検体種 血清、血漿
測定レンジ 2.5~250µg/mL
正確性 既知濃度±15%以下
同時再現性 n=8、CV15%以下
相関 n=79
y=1.0008x+4.1576
r=0.9641
※x: M社、y: SpeLIA
測定項目 FDP
製品名 スペリアFDP
使用目的 血清または血漿中のFDP(フィブリン/フィブリノーゲン分解産物)の測定
測定原理 ラテックス凝集免疫比濁法
分類 研究用試薬
検体種 血清、血漿
測定レンジ イヌ:3.3~188µg/mL
ネコ:2.0~116µg/mL
正確性 既知濃度±15%以下
同時再現性 n=8、CV15%以下
相関 イヌ:n=61
y=0.9854x+2.94
r=0.9702
ネコ:n=22
y=1.3590x+0.56
r=0.9103
※x: M社、y: SpeLIA
測定項目 Dダイマー
製品名 スペリアDダイマー
使用目的 血清または血漿中のDダイマー測定
測定原理 ラテックス凝集免疫比濁法
分類 研究用試薬
検体種 血清、血漿
測定レンジ イヌ:0.9~70.5µg/mL
ネコ:0.5~43.5µg/mL
正確性 既知濃度±15%以下
同時再現性 n=8、CV15%以下
相関 イヌ:n=59
y=0.9380x+1.84
r=0.9201
ネコ:n=22
y=1.0808x+0.32
r=0.9425
※x: M社、y: SpeLIA

注文情報

専用試薬カートリッジ

製品コード 製品名 包装 価格(税別) 備考
E3001 スペリアイヌCRP 24テスト お問い合わせください 冷蔵保存
E3002 スペリアSAA 24テスト お問い合わせください 冷蔵保存
E3004 スペリアFDP 16テスト お問い合わせください 冷蔵保存
E3006 スペリアDダイマー 16テスト お問い合わせください 冷蔵保存
本試薬は研究用試薬です。

消耗品

製品コード 製品名 包装 価格(税別) 備考
G6110 ハロゲンランプ 1式 お問い合わせください

お問い合わせ

製品に関するご質問やご相談、資料請求などはお電話またはインターネットでお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
047-303-48019:00~17:30(土・日・祝日・年末年始を除く)
フォームでのお問い合わせ
試薬ラインアップ

製品一覧

ページの先頭へ戻る