• PSSの技術
  • PSSの製品
  • 会社案内
  • IR・投資家情報
  • Q&A・お問い合わせ

ホーム > PSSの技術 > 技術紹介 > カラムチップ技術

PSSの技術

カラムチップ技術

カラムチップ技術

カラムチップとは

遺伝子タイピング、遺伝子発現解析または生体内のタンパク質解析や有用なバイオマーカーの探索を実行するには、目的物質のサンプル試料からの抽出・精製、または不用物質の除去などの前処理が必要となります。PSSでは、市販されている様々な担体を特殊形状の分注チップに封入したものをカラムチップと称して、サンプル前処理の自動化を実現しています。

このカラムチップを使用することで、これまで手作業で行っていたオープンカラムによるタンパク精製を、簡単に行うことができます。具体的には、簡便な操作で高純度なタンパク精製の自動化は、精製する際に必要な試薬を予めパッケージした試薬カートリッジと、Purelumnと称している装置との組み合わせにより実現されます。

  • ホーム
  • PSSの技術
  • PSSの製品
  • 会社案内
  • IR・投資家情報
  • Q&A・お問い合わせ
ページトップ

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 〒271-0064 千葉県松戸市上本郷88番地