• PSSの技術
  • PSSの製品
  • 会社案内
  • IR・投資家情報
  • Q&A・お問い合わせ

ホーム > インフォメーション一覧 > PSSの開発装置をBioJapan 2016(10/12~14)に展示します

インフォメーション一覧

2016年9月30日

PSSの開発装置をBioJapan 2016(10/12~14)に展示します

PSSが組合員として参加している高機能遺伝子デザイン技術研究組合(TRAHED)は、日本医療研究開発機構(AMED)からの委託事業として「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発」に取り組んでいます。

特にPSSは研究開発項目として「長鎖DNA自動合成装置の技術開発」に取り組んでいます。

これまでの研究開発の成果として、OGAB(Ordered Gene Assembly in Bacillus subtilis)法という、枯草菌のプラスミド形質転換系を利用した多重DNA断片集積法の工程を一部自動化するための装置を開発しました。

OGAB法を活用することで10kb(キロベース)を超える長鎖DNAを合成することが可能になります。

本プロジェクトにてPSSが開発した装置(試作機)をBioJapan 2016のTRAHEDブースにて展示します。

TRAHED

BioJapan 2016

TRAHEDプレゼンテーション(PSSの試作機の紹介もあります)

  • ホーム
  • PSSの技術
  • PSSの製品
  • 会社案内
  • IR・投資家情報
  • Q&A・お問い合わせ
ページトップ

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 〒271-0064 千葉県松戸市上本郷88番地